何かが悲しい

何かが悲しい

過去ではない

何かが悲しい

深々と降る

春雪に胸ときめかせ

表へ飛び出す

子供たち

僕はひとり

雪かきに疲弊し

息を荒げて

悲しみに耽る

何かが悲しい

未来へ繋がる

何かが悲しい

巨人と言う権力

子供の頃巨人ファン

日本シリーズなどで

負けるとバイクぶっ飛び!

20代の頃アンチ巨人ファン

日本シリーズなどで

勝つと車ぶっ飛び!

3,40代になって巨人の

存在などどうでもよくなる

徳光がいつか言ってたが

日本人で長島さんを

嫌いな人はいないと・・・。

俺、嫌いなんだけど

輝きはいらない

やがて死にゆく母よ

どうか苦しまずに

眠るように

逝ってほしい

僕はけして悲しまない

僕の方が先に

逝くかもしれない

明日のことなど

誰も分からない

ただ漠然と生きる中で

輝きはいらない

いつの日か死んじまう僕は

いつの日か

死んじまう

僕は

いつの日も

咳むせる

いつの日か

死んじまう

僕は

空からも

見放された

歩いて行く道端で

べそをかく子供

母さんも困っただろうに

いつの日か

死んじまう

僕は

明日の命を

持たない

健常者と障害者の壁を壊せ!

なぜ自分は精神病になったのか?健常者と言う訳の分からぬ存在が、上から目線で、障害者年金をもらえて、飯を3食、食べさせてもらってるんだから、その境遇に感謝しろと言う。何だそりゃ?仕事して、給料もらって、自分で生活するほうが、何千倍も幸せだろう。好きな仕事も出来ない。自立と言うと、家族は心配する。其れって同情?精神病になったのが、全ての始まりで、自分の人生は狂い始めた。もう何もかもが信じられない。むろん家族も、友人も。健常者とか障害者とか、そんなカテゴリー必要?差別は意識するのではなく、認識することで解決の糸口が見えてくるのではないだろうか?

BODY&SOUL

眠りの中で

人は自分を知る

眠りは感情を持たない

夢は語るように

其処には自分の

未来が詰まっている

死ねば全ては終わる

終わるまでのメロディー

奏でるのはBODY&SOUL

劣化

あらぬ方向へと

向かっている

どうにもならないマウス

切り刻んだ無駄な時間

時は人をこんなにも

愚かにする

生きようとする欲望

死にたくない絶望

俺は夢の中で

劣化する

そぞらごとの秘め事

秋暮れて飽き暮れる

咳は秋色に染まり

とどまるところを知らず

秋暮れて飽き暮れる

人の情けも身に染みる

夏の花が足元に朽ち

秋の花が目の前で散る

もう何もかにも飽きて

そぞらごとの秘め事